結石予防に牛乳

尿路結石の約8割がシュウ酸カルシウム結石です。
シュウ酸を多く含む食べ物は、緑茶、紅茶、タケノコ、枝豆、ほうれん草等があります。
ペットボトルのお茶にもシュウ酸は含まれています。
ほうれん草はゆでると、シュウ酸は半分程度になります。
シュウ酸は、消化管の中でカルシウムと結合し、カルシウムの吸収を阻害します。
食べ物からのカルシウム摂取量が少ないと、結合出来なくなります。
そうなると、体が余ったシュウ酸を吸収してしまい、
シュウ酸が腎臓で、尿中のカルシウムと結合して、シュウ酸カルシウム結石が作られます。
シュウ酸とカルシウムは1:1で反応します。
シュウ酸は胃でも吸収されるため、食事の時に牛乳を飲んで
カルシウムを接種する事は
シュウ酸カルシウム結石の予防に有効です。

ゆでたほうれん草にカツオ節(カルシウム源)を添えて食べるのは、
とても良い組み合わせです。

カルシウムが結石の原因になるという思い込みから、
尿路結石を経験すると、牛乳をあまり飲まないという人が多いです。
いまだに尿路結石に対してカルシウム摂取制限を勧める医者もいると聞きます。
しかし、長期にわたってカルシウムが不足すると骨粗しょう症の危険性があります。
成人が1日に必要とするカルシウム量は600mgとなっていますが、
日本人のカルシウム平均摂取量は不足しています。

結石予防、骨粗しょう症予防のためにも、
積極的にカルシウムを摂りましょう。