結石の種類

結石はその成分によって色や形が様々です。
結石の大きさや種類に応じて、治療法を異なります。

  • 蓚酸カルシウム結石 (シュウ酸カルシウム結石)
結石でもっとも多く、8割はシュウ酸カルシウム結石です。
結石の表面がギザギザになっていて、小さくても尿管に詰まりやすく、
詰まると、せん痛発作(冷や汗が出るほどの激痛)を起こします。

  • リン酸カルシウム結石
シュウ酸カルシウム結石と混合していることが多く、
尿がアルカリ性になったときに出来やすいといわれています。

  • リン酸マグネシウムアンモニウム結石
この結石は尿路に細菌が繁殖する尿路感染が原因で起こります。
いったんこの結石ができると、石が細菌を増やし、石がどんどん大きくなります。
尿を酸性化すると、結石を溶解出来るといわれています。

  • 尿酸結石
痛風や高尿酸尿症の人にできやすい結石で
尿が酸性になったときにできやすいといわれています。

  • シスチン結石
遺伝的な異常が原因で起こります。
硬くて体外衝撃波などで破砕しにくいのが特徴です。
これも尿をアルカリ性にすることで溶かすことが可能です。
水分摂取量を増やすことが大事で、尿のシスチン濃度を低く抑えるために、
毎日約4リットルの尿を出すのが望ましいといわれています。