尿路造影検査

静脈から造影剤を注射して、腹部X線撮影する検査です。
造影剤は、腎臓から排泄され、尿管を通って膀胱にたどり着きます。
しかし、結石がある部分は膨らんだ状態で写ります。
この検査で、ほとんどの結石の位置や大きさがつかめます。
CT等で、気管支喘息患者の造影剤は禁忌であり、リスク回避のため、
造影検査をしない場合もあります。