小さな結石は自然排出される

尿管はぜん動運動をしますので、4〜5mm程度の小さな尿路結石でしたら、
ほとんどが尿と一緒に排泄されます。
気付かないうちに排出している場合もあります。
しかし、尿路結石が自然排出されるのは3〜4ヶ月までで、
それ以上は期待できません。

縄跳びをしたり、ジャンプ運動をすると出てくる、と言う話もありますが、
医学的根拠はありません。
せん痛発作を引き起こさないとも限らないので、
無理な運動は控えたほうが良いでしょう。

ジャンプはせずに、
とにかく水分を多めに摂取することが重要です。

腎盂腎炎などの炎症があったり、痛みが頻繁にあったりする場合は、
石の大きさにかかわらず、取り除く治療を勧められます。