体外衝撃波砕石術(ESWL)

体外衝撃波結石破砕術

体外衝撃波破砕術ともいい
略して「はさい」や、ESWLと言います。
(Extracorporeal Shock-wave Lithotripsy:ESWL)

水中で発生させた衝撃波を、結石に体外から集中的にあてて、
砕く治療です。
昔は患者が水につかってESWLを受けていましたが、
現在は、ドライ式で行います。
メスを使わないので癒着の心配もなく、
安全に尿路結石を砕くことが出来ます。

1日入院、病院によっては日帰りでもESWLを受ける事が出来ます。
一応、手術扱いなので、治療費は高額になります。
3割負担で6万円~です。

麻酔をする場合もあるし、
軽い痛み止めを使う場合もあります。
患者の既往症や状態によって異なります。

実際にESWLを受けた人の話によると、
ただ台の上に寝ているだけで「パン!パン!」という音が聞こえたそうです。

ESWLの後、40度近い高熱が1週間続いたり、
肺炎を起こして泌尿器科→呼吸器科へ入院したという人もいます。
1回で砕石できず、日をあけて2回3回と受ける場合もあります。
開腹手術より、肉体的、精神的苦痛は少ないですが、
絶対安全な手術、というものはありません。
手術に関しては、医師の説明を十分聞いてから受けてください。