尿路結石の検査

尿路造影検査

静脈から造影剤を注射して、腹部X線撮影する検査です。
造影剤は、腎臓から排泄され、尿管を通って膀胱にたどり着きます。
しかし、結石がある部分は膨らんだ状態で写ります。
この検査で、ほとんどの結石の位置や大きさがつかめます。
CT等で、気管支喘息患者の造影剤は禁忌であり、リスク回避のため、
造影検査をしない場合もあります。

主な検査

尿路結石の位置や大きさなどを調べる超音波検査(エコー)X線CT検査、
尿路造影検査等をします。
X線検査では、尿酸結石は写りません。
尿検査では結石の種類を調べます。
尿管から腎盂(じんう)、尿管、膀胱の間で尿の流れが妨げられると
尿管・腎臓が腫れてきます。
この腫れた腎臓を水腎症、腫れた尿管を水尿管と言います。
検査では、結石によって腎臓の腫れがないかも見ます。
結石が小さく、骨と重なっている場合は見つけにくい場合もありますが、
6〜7割の結石は検査で診断がつきます。
また、排出とまではいかなくても、短時間の間に
結石が若干移動する場合もあります。